mita-list

見たもの聴いたものリスト。音楽のあれこれ、育児のあれこれ、妊娠・出産のあれこれ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
初夏の北海道旅行2011
JUGEMテーマ:北海道


3歳児連れで北海道旅行のあれこれ。

★1日目

往路、自宅〜空港まで
離陸時間2時間前に羽田空港に着き、屋上で昼食。持参したお弁当とその場で買ったファーストフード、とどめに飛行機鑑賞で機嫌を取る。

1315羽田発1445新千歳着
3歳児遊び疲れて即寝。作戦は成功である。

空港〜宿泊ホテルまで
30分以上の列車移動。ボーロと水筒の水で気をそらせて時間稼ぎ。

夕食
花まるJRタワーステラプレイス店にて。
母娘ともに回転寿司デビュー。3歳なら寿司以外のジュースや食材で十分足りる。大人は寿司堪能。

宿泊
ホテルクレスト泊

★2日目

朝食
ホテル内朝食バイキング。

イベント
地下鉄とバスで移動し、円山動物園。

昼食
3歳児寝る。タクシーで移動し、lavi円山(スープカレー)にて昼食。

イベント
地下鉄と徒歩移動で白い恋人パーク。親子揃ってかなり満喫。3歳児真剣に工場見学。
私の白い恋人【お絵描きコース】に参加。いい記念になる。

==========================================
※焼きあがった14cmのハート型の白い恋人にホワイトチョコレートでお絵かきができます。
お時間のない方におすすめです。

体験料
■おひとり様で1枚作る場合¥1,050(税込・入館料別)
■おひとり様で2枚作る場合¥1,575(税込・入館料別)
※例:2名1枚ずつの場合1枚¥1,050×2名様=¥2,100
所要時間 約40分
受付時間 毎日9:15〜16:45の30分刻みの開始時間
※全枠埋まる場合もございますのでご予約をおすすめ致します。
大きさ 直径14cmハート型
==========================================

夕食
地下鉄で移動し、やまいち北三条店(居酒屋)にて。3歳児色々食べて上機嫌。

★3日目

朝食
ホテル内朝食バイキング。

荷物の発送
ホテルの受付で衣類やトラベルセットなど箱詰めして自宅へ発送する。子供連れで何かと面倒なので、お土産を買って荷物が増えても困らないようにしておく。

おやつ
雪印パーラーにてソフトクリーム。

お買い物
空港まで電車移動、お土産店では3歳児がonちゃんボールペンを欲しがり購入。

昼食
雪あかり(らーめん)にて。

1330新千歳発1505羽田着

軽食
小腹が空いて空港内フレッシュネスバーガーに立ち寄る。

帰宅
1730帰宅、19時夕食、入浴など、2130就寝。夕方前までに帰宅できれば3歳児連れ2〜3泊の旅行を満喫し、帰宅当日中に荷物の片付けも終えることができる。
10.travel | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/26(木)の日記 補足
この4日間で「先進国」を見た気がしている。消費と浪費に明け暮れている日本が大きく遅れをとっているように感じた。

今回は時間も限られている上、語学力の問題もあって博物館や美術館へ行かなかった。食べ物に関しても多少悔いが残ったし。多くの音楽家を生み出したドイツ、ポーランド、オーストリア。先のEU拡大で出入国の手続き無しで行き来ができるようになった。いつかは何週間もかけてゆっくり周ってみたい。

まずは、貯金か…orz

水のこと

日本と違って炭酸入りの方が多く売っている。炭酸入りを避けたい時は購入の際注意すべし。目印は表示を読むしかない。
wasser01mit Kohlensäure versetzt
(炭酸入りミネラルウォーター)


wasser02ohne Kohlensäure
(炭酸無しミネラルウォーター)



電車のこと

改札はなかった。情報によっては刻印機を通さないと有効にならないことになっているようだが、刻印機も存在しない。記念にと張り切って探してもだめ。

傘のこと

必要になったら近所のコンビニで、というのは甘い。あらかじめ用意しておくのが望ましく、ない時に降られたならば、潔く濡れるべし。帽子必須。一時的にしのぐことが出来る。

お菓子のこと

Gebäck(ビスケット)などは基本的に個装になっていないため、開けたら完食すべし。Kuchen(焼き菓子)はトレーや厚紙が入っていないため、形が崩れないよう箱などを使って持ち帰るべし。実際、押された通りに潰れて形が崩れた。

缶詰のこと

魚関係の缶詰は、数が増えると重さが増すのが難だが、海に近い土地に行ったらお土産として大変重宝すると思う。実際おいしい。今回あまり種類も数もなくて購入できなかったのが残念。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/25(火)の日記 帰国

帰国日。
ホテルのチェックアウトを済ませたものの、タクシーが来ない。ホテルに戻って呼んでもらう。
朝のうちはホテルの前に並んでいるか、正面の大通りですぐに捕まえられると思っていた。考えが甘かった。

30分ほどで空港に到着。時間に余裕はあったのだが、空港のカフェでコーヒーを飲むと言う希望が叶わなかった。これは次回の同行者に希望として伝える。

搭乗案内を見ると出発が15分遅くなっていた。実際の離陸はもっと遅れた。計算すると乗り継ぎ時間は30分くらいになりそう。

だからなのか、乱暴に急ブレーキをかけたような着陸に、飛行機が益々嫌いになった。

帰りの乗り継ぎはミュンヘン(München)空港にて。予想通り、到着するとすでに次の便の搭乗時間だった。

ミュンヘン空港は全体が明るくて、作りも何となくわかりやすい。順調に進み出国審査。

入国のスタンプはフランクフルト、
出国のスタンプはミュンヘンとなる。
2冠達成!

ところで、これは後で知ったのだが、ドイツと言うとどうも平均身長が高い地域だそうだ。どうりで、パスポート提示窓口が必要以上に高く、写真照合するにも、向こうからは私のおでこと目しか見えない。
係官の人は鬼みたいな顔で照合していたのだが、笑うと後光が差すような美しさなのだった。時間が迫って慌てていたのに、それを見て、ちょっと心に余裕が生まれた。

運よくゲートがすぐ近くだったのでとりあえずひと安心。ハンブルクを出る時に見かけた5人の男性にまた会った。その時、チェロみたいな大きな荷物を預けていた。演奏旅行かしら?

さて、無事に東京へ向けて出発。わずか4日間ではあったけれど、離れるのがさびしく感じた。素敵な町を訪れた。やりたいことや新たに行きたい所など、色々出てきた。必ずリベンジしようと心に決めるのであった。

夕食:巻き寿司、そば、ロールパン、マンゴーケーキ、牛肉ロール・野菜&マッシュポテト添え
朝食:忘れた…

後半は、あらゆることがつらかった。高度が下がり始めてからの朝食は、気分が悪くて食べることができず。そして、着陸についてのアナウンスがあった後、アナウンス通りに急ブレーキがかかって、とりあえず、泣かされた。

翌26日午前、成田空港到着。
飛行機のストレスで行きは便秘に悩まされ、帰国すると今度はお腹を壊した。

翌日は通常通り出勤。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 02:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/24(月)の日記 てんとう虫の朝と港

昨夜は暖房をつけて休んだ。
04240826部屋が暖かくなったせいで、てんとう虫が暖を取りに集まった。壁に1、窓に1、あんなところに1…。


朝からお天気なので、と言っても微妙な具合だが、港を眺めに行ってみた。港と言っても大きな運河に面した所で対岸が見えるのだが、何しろ、でかかった。
04241128目印の時計台。

04241140遊覧船にも乗れる。

04241144

04241147平日のせいかいくぶん空いていたけれど、土産物屋さんやカフェに人が集まっていた。

S-Bahnで2駅戻ると、昨日訪れた橋の近くに出る。
04241211サッカー禁止?違う。

04241212向こうの立派な建物がドイツ銀行。

運河近くのカフェで昼食を取った。
04241325どんぶりに入って出てくるカフェオレ…

04241333ハムとチーズのホットサンド。

04241334焼いたジャガイモのサワークリーム乗せ。

注文の際、ジャガイモの大きさを確認した。担当のお母さんは片手で示し、「こんなもんで、たったの1個よ」と説明してくれたのだが。
Fabiは半分をくれた。2個頼まなくてよかった。

04241410このカフェは市庁舎から見て左斜め前に位置し、市庁舎を絶妙な角度で眺めながらくつろぐことができる。写真を撮るなら絶対にここだ。

ハンブルク滞在は今日まで。最後の夜なので私もビール。ホテル内だけど。
04242212完食したこのサラミがすごくおいしかったのに、何故か買わずに帰ってきた。残念。



この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/23(日)の日記 市庁舎とアルスター湖
日曜日はほとんどのお店がお休みなので、買い物はなしで市内観光。とは言っても、駅周辺をちょこっと歩くだけなのだけど。

前日が雨だったので天気が心配だったが、この日は晴れ。ホテルの窓からの眺めも明るく美しかった。

04230954ホテルの窓からの眺めも明るく美しかった。


朝食の後、再び中央駅へ。道路より高い途中のDammtor駅からはマラソンの様子が見下ろせた。

04231221中央駅北口の西側へ出て、ちょっと左のMönkebergstrasseを市庁舎の方へ。

04231219道の両側にたくさん並んでいた。

04231215左手に聖ヤコビ教会、

04231205聖ペドリ教会、

04231212右の角に変わったBurger Kingがある。

04231207アコーディオンの音楽に耳を傾けつつそのまま直進すると、

04231200広場に出る。市庁舎がお城みたい。

04231404更に、市庁舎の右側の道を入ると、内アルスター湖からエルベ川へ続く運河に架かる橋に出る。

この辺りはGalleriaを中心にしてパッサージュと呼ばれる抜け道がいくつも連なり、天候を気にせずショッピングができるようになっている。所々にカフェやバーも入っていて休むこともできる。雨の多い土地ならではの知恵なのか?

市庁舎まで戻ったらBallindammを通り、Glockengiesser-Steintorwallとぶつかる湖の角に、内アルスター湖を眺めるのにちょうどよいベンチがある。
この日の午後は曇り。湖も建物も沈んだ色に撮れてしまった。
04231519西から南へパノラマ写真。

04231520_

04231521_

04231522市庁舎も見える。

04231532北側は私たちが利用しているS-Bahnが通っていて、その向こう側が外アルスター湖。


04231618線路と並ぶ大きな通りを上ると中央駅に戻る。

04231726構内の様子。
手前が北口で向こうが南口。Mönkebergstrasseは南口の西側に出るとすぐなのだった。


この日もフードコートでソーセージを食べる。今日はカフェオレも注文。因みにカフェオレはMilchkaffee(ミルヒカフェ)、牛乳コーヒーと呼ぶのだった。

夕食は噂のお寿司。店名と同じ「Sashimi」という名の持ち帰り用パックを購入した。
04232222何故こんなにしょうゆをくれるのだ??
全てサビ抜きで、わさびは端っこにまとめて入っている。

お米も違うし、特別おいしいというわけでもないのだけど、少しでも日本のそれに近づけようという努力が感じられ、満足のいくものだった。他にサラミやハムをつまんで夕食とする。もりもり食べる私の横でFabiは今日もビールとお菓子…


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 02:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
4/22(土)の日記 その2.ビール
AOL Arenaにて、ドイツサッカー・ブンデスリーガ、ハンブルガーSV対バイヤー・レバークーゼン(Bundesliga Hamburger.SV-Bayer Leverkusen)を観戦。
1530キックオフ。
0604221501隣りのお兄さんが立て続けにビールを飲んでいるのが視界に入って、自分が酔いかける。


検証:サッカー観戦スタイルを体感する。
結果:前回のスペインリーグLiga Espanolaの観戦スタイルと大きく異なることがわかった。

スペイン→シュートが外れると「うぃー!!」と声を上げて後ろに体を引くのが特徴で、面白いし、「残念だけどまた頑張って」という空気がとても嬉しかった。ハーフタイムになると客席8割がBocadilloという大きなサンドイッチを取り出す。15分で完食する。理解できない。そんなに食えねー。

ドイツ→シュートが外れると「なぁいん!!」と叫んで両手で頭を抱える。「ちがーう!!」っていうことなのだけど、悲しいくらい、全否定?(笑)
観戦中に浴びるほどビールを飲む。試合前もだけど。試合後のバスと電車の中でも飲み続ける。理解できない。そんなに飲む理由がない。

試合:コメントしようがないくらい、寒い試合だった。
 対戦相手のレバークーゼンにはお気に入りのシュナイダーとラメロウとブットがいた。3人を生で見ることができたのはとても嬉しいのだけど、応援したHSVが負けた。しかもけっこう、ひどい(笑)あまりにも悲しい。

試合後、雨の中でシャトルバスを待った。長い時間待たされたが、2mの人ごみに埋まっていたので雨に濡れずに済んだ。ドイツ人は身長が恐ろしく高かった。容姿はとても美しいのに、大きすぎて何だか人っぽくない…

ホテルまで戻ると20時だった。Fabiはビールとおやつ。私は1日に3食をきっちり取って間食がないタイプなのと、健康面でスナック菓子が基本的にアウトなのとで、パンとハムとトマトジュースで夕食を取ることにする。

メインイベントは終わってしまったけれど、明日はちょこっと観光に出かける予定。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/22(土)の日記 その1.スタジアムへの道
朝食のため食堂へ行くとほぼ満席だった。ドイツマラソンの時期でホテルがどこもいっぱいだとは聞いていたけれど、初めて実感。
ドイツの朝食はとてもシンプル。パンにハムやチーズを挟んで、あとはサラダやフルーツを少し。土地の習慣に習って…と思ったが、絵葉書みたいな景色と知らない土地の空気でおおらか気分〜♪
食べ過ぎたょ…

この日は朝から雨である。傘を持っていない私たち。とりあえず駅へ向かった。途中で調達しようと考えたのだが…
傘はどこにも売っていなかった。
そして、気づいた。
かなりの雨の中、傘をさしている人がほとんどいない。
もしかして、、、ちゃんとしたものを買って使い、安価ですぐにごみになるビニール傘は存在しないのかも。

一度中央駅まで行って構内探検、電車利用の便を考えて、ハンブルクカードを購入。
04221121市内の交通機関がフリーで利用できて、博物館などの割引もついている。切符購入の手間もなくなるし、たくさん乗る時にはお得。



因みに大きさが切符もカードも同じだった。
04221101Holstenstrasseから乗る時。


昼食はソーセージとパン。
あまりにもおいしいので、明日も食べようと心に決めるのだった。
そんな素敵なソーセージだけど、写真を撮っていなかった…orz

混雑を避けるべくかなり早い時間にスタジアムへ向かったつもりだったのだけど、既に大混雑が始まっていて、150僂了笋燭舛2mの人たちにあっさり埋まる。

AOL Arenaの最寄駅は中央駅からS21番線で6つ目のStellingen。駅前のImbissには人がたくさん集まっていて、全員ビールが手にあった。

大通りまで出て、あとはシャトルバス。料金は無料。バス2台を繋げた巨大バスで、これって、、、角を曲がれるの??と思っていたら、あっさり曲がった。日本と違うと思った。どこでも道が広い。

こうして迷子になることなくスタジアムまで来ることができた。入場の際、セキュリティチェックが日本より厳しいと思った。あと、ペットボトルは紙コップには入れ替えてくれない。あっさり取り上げられてしまうのでうっかりでも何でも持って行ってはいけない。

その2.ビールへ続く。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/21(金)の日記 その2.到着編

現地午後、フランクフルト(Frankfurt)空港着。気温21℃。EU加盟国に入ったのでここで入国審査。審査は順調だったものの、セキュリティチェックが厳しい。薄手のジャケットから飾りのないベルトまで外せと言われる&隅々までボディチェック。
 Fabi:順調に通過。
 あき:自ら発する怪電波により金属無しで探知機を鳴らす。

搭乗…したまま30分経過…アナウンスがかかる。
「ナビゲーションシステムにちょっとした問題がある」のだそうだ。40分遅れで突然離陸。問題はどうなったのか気になった。強行突破ですか…?いづれにしても、ひとこと言え。

夕刻、ハンブルク・フルースビュッテル空港(Fluhsbüttel)着。
町の中心にある中央駅(Hauptbahnhof,Hbf/ハオプトバーンホフ)までシャトルバスで移動。バス停はターミナル1の前(空港を出てずっと左側)、料金は5,00€(5ユーロ)。

中央駅(Hbf)着。

課題:インフォメーションカウンタで地図をもらう。
結果:
 Fabi:一言ですぐに英語版地図を受け取る。
 あき:何故か「ドイツ語版か英語版か?」と聞かれ慌てる。ドイツ語と答え、「よし、合格」みたいな顔で地図を渡される。

ここからホテルまではタクシー利用。タクシー乗場は駅前。かかった料金は16,00€(16ユーロ)。

夜、ホテル着。利用ホテルは中央駅からS-Bahnで3つ目のHolstenstraßeから徒歩15分。中央駅とは反対へ3つ目がStellingenで、AOL Alenaの最寄駅となる。

さて、チェックインを済ませて一休み。緯度の高いドイツは日没が遅い。20時前でも空が明るかった。
04211910_s撮影地:Kielerstrasse 173-177 22525 Hamburg


教えてもらったスーパーは20時までで惜しくも入れず、その足で近くのマクドナルドへ行ってみた。

検証:ドイツのファーストフード店でビールを置いているか確かめる。
結果:本当に置いてあった。写真ではわかりにくいけど、紙コップで提供。
04212008撮影地:McDonald's Kielerstrasse

補足:お勧めパネル。
04212103撮影地:McDonald's Kielerstrasse

どれも毎日1,00€(1ユーロ)。野菜サラダが量もそこそこあって以外だった。バルサミコドレッシングはおいしかった。
 ソフトドリンクが1,20€(1ユーロ20セント)。カモミールティーを注文するも通じず、隣にいた女性がわかってくれて店員さんに伝えてくれ、無事に飲むことができた。注文することになりそうなメニューは予習した方が無難?(笑)

明日はサッカー観戦。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/21(金)の日記 その1.出発編

早朝出発、私たちが乗車券を購入した直後にスカイライナー1号は満席に。一足遅かったら乗れないところだった。危なかった。

0730頃、空港にて。指定された集合場所へ行くと、窓口の脇に扱いの旅行会社名が書かれたプレートが並んでいるのだが、私たちの利用会社は紙にマジックで手書きされてぺろっと貼ってあるのだった。しかも手続きのお兄さんが全てにおいてたどたどしい。大丈夫なのか?

混んでいるのに荷物を預けるカウンターには誰も並んでいなかった。荷物を預けてから食事。飛行機に乗る前は軽食を取っておきたい。

搭乗開始。満席らしく大変な混雑。ルフトハンザ・ドイツ航空の飛行機は今、鼻の頭がサッカーボールでちょっとかわいい。

ほぼ定刻通り離陸。離着陸ともに駄目な管理人あきです。気持ち悪い。そして、気持ち悪い。さらに困ったことに、あ゛〜気持ち悪い。

最初の飛行機でフランクフルトまで11時間、乗り継いでハンブルクまで1時間。機内食は昼食1、おやつ1、夕食1。メニューは以下の通り。

昼食:鶏肉唐揚、キャベツ、海老入春雨サラダ、寿司、ロールパン、ご飯
おやつ:サンドイッチ or おにぎり
夕食:鮭釜飯、貝柱照焼、椎茸、野菜、チョコレートケーキ
随時:ドリンクサービスでは常にトマトジュースを要求

その2.到着編へ続く。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
10.travel | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
旅行に関するメモ
旅行に関するメモ(随時更新)

0:滞在地と目的:
当初の予定通り、ブンデスリーガ1試合を観戦する。現地の文化と考え方を知る(むしろ思い知らされる)。
もっと具体的な目的は後日掲載。

1)滞在地:各自了解済み。
2)対戦カード:各自了解済み。

1.参加者:
Fabiとあき。各自出発から帰宅までの日程を確保する。
→確保済み。

2.費用:
2004年7月より貯金開始(以下ドイツ貯金)。既存の共同口座に、各自指定日に入金する。
→2005年12月終了。確保済み。

3.語学:
担当A:食べるに困らないだけのドイツ語を習得する。
→あの時なぜ引き受けたのかorz...

3.申込(仮):
→3月某日エントリー済み。

4.料金:
 旅行代金×2
 成田空港使用料×2
 現地空港税及び燃油サーチャージ×2

※現地空港税及び燃油サーチャージ×2は、発券時レートで再計算し、不足分を後日振込とする。

1)申込金:60,000-
ドイツ貯金より出金する。3月某日締切。
_→3月某日付振込済み。

2)残金_:-------
ドイツ貯金より出金する。4月某日締切。
_→4月某日付振込済み。

5.申込(正):

1)旅行申込書(旅行社指定書類)
2)パスポートコピー(發伴命燭離據璽)
3)海外旅行傷害保険申込書(捺印なし)

→3月某日提出済み。

6.日程詳細:
出発一週間前に最終日程。

1)航空会社とフライトスケジュール
→各自了解済み。

2)宿泊施設と最寄駅
→決まり次第連絡。

3)試合日
→現地メディアで確認またはその辺の人に聞いてみる。

4)試合日以外の日程
→随時組み立てる。各自血まなこで資料捜索。

_.搭乗に関する注意事項
・搭乗前に軽食を取ること。
・機内では消化器官の働きが鈍くなっているため、食べる量を少なめにする。
・機内では水分をこまめに取ること。2時間おき。
・○:炭酸抜きミネラルウォーター、果物または野菜ジュース。
・×:コーヒー、紅茶、コーラ、アルコール。
・消化の良い菓子類などで適宜軽食を取ること。

_.電気製品について
・電圧220V、周波数50Hz。丸形3本or2本式。変圧器と変換プラグ。
・デジカメなどアダプターが既に対応している場合はプラグだけ用意する。

_.現地交通機関の利用
・滞在地の交通機関が自由に使える、あの町のカード。要調査。

10.travel | 00:47 | comments(5) | trackbacks(0) |



Search this site.
Amazon Search


check
©PETAPPA






















QRcode
qrcode
calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
links
友達の詩(DVD付)
友達の詩(DVD付) (JUGEMレビュー »)
中村 中, 浦清英, 四家卯大
LIVE FOR THE GROOVE E.P.
LIVE FOR THE GROOVE E.P. (JUGEMレビュー »)
PE’Z×NETE JAMES, Ohyama “B.M.W” Wataru, ネイト・ジェームス, PE’Z, オーティス・レディング, アレン・アルヴォイド・ジョーンズJr., アルヴァーティス・イズベル, フランシス・ホワイト
セット・ザ・トーン
セット・ザ・トーン (JUGEMレビュー »)
ネイト・ジェームス, カーメン・リース
ステイト・オブ・マインド(期間限定)
ステイト・オブ・マインド(期間限定) (JUGEMレビュー »)
ジェイソン・ムラーズ,スティーヴィー・ワンダー
harvest songs
harvest songs (JUGEMレビュー »)
松たか子, ゆきち, 佐橋佳幸, デヴィッド・キャンベル, 伊藤俊吾, 小田和正, 飯尾芳史, ノラオンナ, 高田みち子, Skoop On Somebody
SPIRITS
SPIRITS (JUGEMレビュー »)
THE SQUARE, Kezoh Kawano
archives
selected entries
recent comments
recent trackback
favorites
profile
others