mita-list

見たもの聴いたものリスト。音楽のあれこれ、育児のあれこれ、妊娠・出産のあれこれ。
<< 2/19(日)珍しく映画鑑賞 | main | 3/03(金)上野にて。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
2/21(火)東京COTTON CLUBにて。

JeffreyOsborne_DVDこのDVDを見たわけではないのですが、写真がないので代わりに…こういう人です。

ジャズ・ライヴ写真はDVD「ジャズ・ライヴ
携帯で見る

Sくんの職場でもある東京COTTON CLUB(コットンクラブ)にて。セレブじゃないのに行っちゃったょ…
ともかく、Sくんありがとう!


今日のステージはJeffrey Osborne(ジェフリー・オズボーン)のバンドを従えてのライブ。1970年代のファンクバンドL.T.Dを経た後、ソロとしても活躍するソウルシンガーです。

SETLIST(blog「Soul Searchin' Diary」より)

01. Party Hardy (LTD)
02. Close The Door (Teddy Pendergrass, Jeffrey Osborne)
03. I Really Don’t Know Need Light
04. In Your Eyes
05. Stay With Me
06. On The Wings Of Love
07. You Should Be Mine (Woo Woo Song)
08. Back In Love Again (LTD)
 〜Ain’t Nobody (Rufus, Chaka)
 〜I Wish (Stevie) 〜 Back In Love Again
Enc. I’ll Be Around (Spinners, Russ Freeman & The Rippingtons)

実はこのお店があることを教えてもらうまで、この人のことは知りませんでした。オンラインでわずかな視聴をしたけれど、よくわからず。思いがけずいきなり生ライブで体験することとなり…圧倒でした。ステージ上でリズムに乗って跳ねるように歌う姿が楽しそうで見ていてこちらも楽しくなり、歌うというより、鳴っているように見える人でした。

お店も素敵でした。2005年11月22日にオープンしたばかり。こういう場で働けるとは羨ましい…

「酒とタバコと音楽」ばかりじゃなくて、セレブじゃなくてもたまにはゆったりと、「お酒と音楽」を。


Jeffrey Osborne(ジェフリー・オズボーン)
(COTTON CLUB HPより)

バラディアー。テディ・ペンダーグラスや故ルーサー・ヴァンドロス、ジェイムズ・イングラムらと並んでこう称されるのがジェフリー・オズボーンだ。1948年ロードアイランド州プロヴィデンスに生まれた希代のソウル・シンガー。兄弟のビリーらと結成したヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ、L.T.D.に当初はドラマーとして参加、その後リード・シンガーの座を勝ち取り、’76年の“Love Ballad”の大ヒットによってバラードで映えるシンガー=バラディアーとしての地位を確立した。その後もスタイリッシュなファンクから美麗なバラードまでを伸びやかなヴォーカルでソウルフルに歌いきり、グループの顔役として’70年代を駆け抜けたジェフリー。ソロに転向した’80年代以降も持ち前のスケールの大きな歌いっぷりで“Stay With Me Tonight”“She's On The Left”などをヒットさせ、最新作となるソウル名曲集『From The Soul』でもジワリと熱い歌声を聴かせてくれている。そしてL.T.D.のナンバーも含めたヒット曲も大いに飛び出すだろう今回のステージでは、懐かしくも新しいジェフリーの歌がじっくりと味わえるはず。この男は期待を裏切らない。

COTTON CLUB(コットンクラブ)
(COTTON CLUB HPより)

デューク・エリントン、キャブ・キャロウェイ、リナ・ホーンら、音楽史にその名を刻む大スターたちを誕生させた伝説のクラブ『COTTON CLUB』。それは、禁酒法時代の1920年代、N.Yハーレムで最も輝いていたナイトクラブです。「Club Deluxe」とも呼ばれたその店には、連夜、着飾ったセレブリティたちが集い、最高峰のエンターテインメントを愉しむと同時に、社交の場として華やかなシーンを創り出していたのです。

その『COTTON CLUB』の黄金期にあった華やぎや活気を甦らせたい。そして、現代にふさわしい大人のための社交場にしたい。東京・丸の内「TOKIA」2Fに生まれた新しいエンターテインメント・クラブ『コットンクラブ』には、そのような熱い思いが込められています。海外アーティストを中心とする実力者たちが繰り広げる本物のエンターテインメント、大人たちのくつろぎの夜にふさわしいエレガントで落ち着いたインテリア、細やかなおもてなし、そしてステージと共に堪能する本格的な美味の数々。2005年11月22日、21世紀のセレブリティたちのための空間『コットンクラブ』は誕生しました。


この記事は気に入って頂けましたか? ⇒ yes no
02.music | 02:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | 02:51 | - | - |
pikaichiさんこんにちは。コメントありがとうございます。
二度も体験したとは羨ましいですよぅ…
ほんと、かっこよかったですね〜!!
私も今後のライブ、チェックしようと思っています。
| あき | 2006/02/27 1:41 AM |
私もジェフリーのライブ見ました。
しかも初日と金曜日2回も!!
いやーかっこよっかた
これからもコットンのアーティスト選び楽しみです。
| pikaichi | 2006/02/26 12:36 AM |









http://mitalist.jugem.jp/trackback/87



Search this site.
Amazon Search


check
©PETAPPA






















QRcode
qrcode
calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
categories
links
友達の詩(DVD付)
友達の詩(DVD付) (JUGEMレビュー »)
中村 中, 浦清英, 四家卯大
LIVE FOR THE GROOVE E.P.
LIVE FOR THE GROOVE E.P. (JUGEMレビュー »)
PE’Z×NETE JAMES, Ohyama “B.M.W” Wataru, ネイト・ジェームス, PE’Z, オーティス・レディング, アレン・アルヴォイド・ジョーンズJr., アルヴァーティス・イズベル, フランシス・ホワイト
セット・ザ・トーン
セット・ザ・トーン (JUGEMレビュー »)
ネイト・ジェームス, カーメン・リース
ステイト・オブ・マインド(期間限定)
ステイト・オブ・マインド(期間限定) (JUGEMレビュー »)
ジェイソン・ムラーズ,スティーヴィー・ワンダー
harvest songs
harvest songs (JUGEMレビュー »)
松たか子, ゆきち, 佐橋佳幸, デヴィッド・キャンベル, 伊藤俊吾, 小田和正, 飯尾芳史, ノラオンナ, 高田みち子, Skoop On Somebody
SPIRITS
SPIRITS (JUGEMレビュー »)
THE SQUARE, Kezoh Kawano
archives
selected entries
recent comments
recent trackback
favorites
profile
others